スポンサーリンク

17音カリンバを買いました!リーズナブルで最初の一台にオススメです!!

Language 翻訳
17音カリンバ
スポンサーリンク

17音カリンバを買いました!

 

とりあえず写真と演奏動画を見てくれ!!

IMG_9633.JPG
IMG_9635.JPG
IMG_9637.JPG

音階はド〜上のミ

 

計17音の半音無し(チューニングすれば可能)

 

ほとんどのカリンバと同じ、中央から左右交互に音階が上がっていきます。
 

音は金属とは思えないくらい柔らかくて、低音の響きが良いです。

 

ただ付属のチェーンが悪かったのか「さわり音」はいまいちで、せっかくの音の伸びを相殺してしまっていました。

 

私は付ける気はないな〜
 
 

スライドテクニックが使えます

 

ピンの段は一段で、ピン同士の間隔が詰まっています。

 

さらにピンを固定するバーに個別のスリッドがあり、横からの力に強い構造。
IMG_9638.JPG
中央部分が尖っていて、船の舳先に見えるので、私はこの構造のカリンバを勝手に「船型」と呼んでいます。
 

逆に夢弦工房さんのクロマティックカリンバなど、ピンが2段になっているものを「波型」
IMG_7231

 

いや、本当は知りませんよ?

 

ただ説明をするのに名称があった方が楽チンなので、今後は使っていこうと思っています。

 

あ、もちろん正式名称というか分類があるのであれば教えて下さい!!

 

 

話が逸れましたが、この「船型」はスライドという演奏テクニックを奏でるのに適しています。

 

こんな感じ↓

 

 

このスライドね、楽しいんです!

 

「波型」ではなかなか弾けないテクニックなので、もう曲を弾くでもなく、永遠と鳴らしていたりしますよ!!
 
 

付属品と楽譜について

 

英語でしたが教本が付いていて、カリンバ専用の楽譜が三曲(バージョン違いも収録)と弾き語り用のコード譜が4曲付いています。
 

販売元によって教本も様々。

 

試し読みができればいいんだけど、英語や中国語だと難しいしなぁ。

 

弾き方や楽譜の作り方など、17音カリンバ用の記事も書いていくので、これからもよろしくお願いします!宣伝おわり!!
 
 

注意点というか宿命

 

最大の難点はやはり半音が存在しないことかな。

 

楽譜に合わせて、例えばファやシのピンを半音にしたりすることは出来ますが、ハンマーやペンチを使って作業することになり、弦楽器に比べてかなり手間がかかります。

 

そのため臨時半音やナチュラル、転調になどに極めて弱く、弾ける曲に制限があります。

 

たとえばジブリアニメで有名な久石譲さんの曲ですが、高確率で臨時半音が登場するので、弾きたい曲がある時は注意が必要。
 
また音域もやや少なく、特に低音の伴奏を弾く時にネックになりそう。
 
このデメリットは「船型」「波型」問わず、音の少ないカリンバであれば共通して持っていると思います。
 

この制約の中で、いかに弾ける曲を探すのか、アレンジするのかがカリンバ演奏の楽しいところでもあります。

 

私は今まで楽譜をきっちりと作り込んで、演奏にのぞんでいましたが、このカリンバは結構気楽というか、子供の頃に聴いた曲だとか、吹奏楽部の時の基礎練習の曲だとか、ぼんやりと覚えている曲をのんびり弾いて、アバウトに伴奏を付けて、上手く行ったらニヤニヤするという楽しみ方をしていますw

 

いや本当にね、半音が無い曲という制限はあるけれど、ある法則を身につければ楽譜なんてなくても、私の動画くらいは弾けるようになるんですよ!

 

実際に「喜びの歌」も「オーラ・リー」も楽譜は作らず、主旋律と和音を鳴らしているだけですからね。
コツはまた次回くらいに記事に書きますね!
 

そんな子供の頃の曲なんて覚えてないよ!

 

とか

 

半音の無い曲なんて知らない!

 

という人はとりあえず、このミュージックベルの楽譜とか買っておいて損はないですよ!!
あと↓の楽譜集もAmazonでポチりました〜千本桜とか半音なしだったかな?

追記:千本桜弾けます!

 

簡単に伴奏が弾けるコツをまとめました!

 

関連記事:

17音カリンバで伴奏を弾くための方法を解説!ポイントはたったの2つ!!

 

まぁ、そんな感じで制約の多い楽器ですが、私は大満足!!

 

買って良かった!!

 

というかすんごくリーズナブルなカリンバが増えて、驚いてます。

 

今までお安いカリンバは質が悪いか、音の数が少なくて即興演奏向けの物ばかりだったけど、西院の17音カリンバは音も良いし、作りもしっかりしてるし、見目も美しいし、楽譜演奏もある程度できるし、最初の一台にピッタリですね。

 

もし好きな曲が弾けなかったとしても、私みたいにひたすらスライドしてるだけでも、すんごく癒される。

 

エフェクトかけて遊んでもいいしね。
 

 



 

 

船型17音カリンバの選び方

 

この「船型17音カリンバ」は色んなメーカーの物がたくさん増えてきています。

 

もしかすると同じ製造元なのかもしれませんが、微妙にデザインが違ったり、付属品が違ったり、言語が違ったり。

 

ざっとAmazonを見た感じでは、音階もピンの配置も同じ。

 

弾き方や録音環境、スピーカーの質にによって、ニュアンスがかなり違ってくるので一概には言えないのですが、他の方の動画を見た感じ、音も大きな違いは無さそう。

 

3千円、4千円代のモデルであれば、デザイン重視で選んで問題ないかと思います。

 

そのために動画を撮ってますしね。

 

ちなみに私は値段とデザインと、あと他の人とはかぶらないように選びました!!

ピックアップ付き(外付け)のカリンバを購入した方もいらっしゃるようで、こちらも良い音でした。

ピックアップはかなり簡易的で、さわり音のためのチェーンは付いていないようです。

↑そのおかげか少しお安いかな。

サウンドホールがすごく可愛い物もあります。

 


↑は少しお高いかな。
 
 

船型カリンバの半音ありモデル

 

この17音のカリンバでは物足りなくなってきた人は、ぜひともカリンバ販売の老舗ブランド「ヒュートレイシー社」から出ている「クロマチックトレブル カリンバ」に挑戦してみて!

 

このカリンバは表面は通常の17音カリンバと同じですが、裏面にね、半音ピンがセッティングされているんだ。

 

そしてそれを人差し指とか中指で弾くんだ。

 

おそらく「船型」で半音が揃っている(一応お店の人に確認してね!)のは、このカリンバだけなんじゃないかな。

私もいずれは、、、いや、触るだけでも良いから弾いてみたい。

 

カリンバを買うと、また別のカリンバが欲しくなる、、、沼は道ずれ、皆さんもこちら側へいらっしゃい!!

 

 

おすすめ記事

 

気まぐれ屋のコピーのコピー



カテゴリー
17音カリンバ
masakaをフォローする
スポンサーリンク
ハンドオルゴール弾きの写真ブログ

コメント