スポンサーリンク

演奏動画用にマイクを買いました! iPhoneに繋げて使っています

Language 翻訳
動画

ハンドオルゴールの動画やアイリッシュフルート録音用にマイクを買いました!

 

  撮り比べ
アーストーンの木管フルートで撮り比べ。

まずはiPhone内蔵マイク


次に購入したマイク 音量注意!!

低音部分が深く響くようになったかな。

続いてマイク録音でハンドオルゴール

ジーっというノイズが入ってしまっているのが、ちょっと気になるけど、全体的に大きな音で録音できてていい感じ。

これで動画をアップデートした時に「音量小さいよ!」と警告されることもなくなるかな〜

  マイク詳細
マイクはFivanusコンデーサーマイクを購入。

USBコードを使用してPCから電力を取るタイプで電池は必要ありません。

マイク防風(スポンジ)と小さな三脚までついているので、とりあえずこれだけ購入しておけば、PCヘ録音が可能。

Amazonのセール期間中に購入したので¥2999でした。

ただ私はPCではなくiPhone6sへ録音したかったので、間に


などを使って繋げています。

このあたりは改善の余地ありだな。

特にマイクケーブルの3.5mmジャックが「メス」のタイプがあれば、もうちょっと簡略化できそうなんだけど。

とはいえこれらのパーツ(特にixz)はiPhone内で作曲、録音する時には重宝するので、持っていても損はないですよ〜

  ハンドオルゴール用マイクが欲しい
今回はマイクらしい形のマイクを買いましたが、本当はハンドオルゴール用の小型マイクが欲しかった!

今まではiPhoneのイヤホンマイクを本体にマスキングテープでくっ付けていたので、それの高性能バージョンみたいなやつ。

このマイクはアコースティック・ギターやウクレレのサウンドホールに、クリップのように挟んで録音できる優れもの。

しかもiPhoneに直接繋いで使うことができる。

ただ私が使っている夢弦工房さんのハンドオルゴールのサウンドホールには大きすぎました。
板の厚み的にもちょっと難しい。

一応お店の人に

「マスキングテープで本体にくっ付けて使えない?」
と聞いたのですが
「クリップの内側に振動板が付いているので、ここに楽器本体を挟まないと、うまく録音できなかもしれません」

とのこと。

他のアコースティックギター用のマイクはAmazonにも売っていたのですが、今回はフルートの録音も考慮に入れて、通常のマイクにしたというわけ。

次に買うなら↓かなぁ

次のハンドオルゴール動画の時には買っているかも。

 

ただ本体にくっつけると、衣摺れの音も入っちゃうから、どうしようか迷うな〜
  スマートフォン専用のオーディオインターフェイスを買いました!

関連記事:スマートフォンのみで録音をする方法 スマホ専用のオーディオインターフェイスが必要だよ! : ハンドオルゴール弾きの写真ブログ

 

  おすすめ記事

気まぐれ屋のコピー




カテゴリー
動画
masakaをフォローする
スポンサーリンク
ハンドオルゴール弾きの写真ブログ

コメント