cocoro工房製カリンバレビュー! A調チューニング方法も解説します!!

Language 翻訳
cocoroカリンバ

無料でカリンバの教本をゲットしませんか?
Kindle Unlimitedにて
カリンバ・ソロのためのメソッドを公開中です!
1ヶ月の無料期間中にマスターして
癒しの音色を、あなたの魅力にしましょう!!
無料登録は↓

デジタル登録のサインアップ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

cocoro工房カリンバを買いました!

私がカリンバデビューしたときからずっと欲しかった名器をついに手に入れました!
とにかく嬉しい!!

ウクレレのパイナップル型みたいで可愛い!

嬉しすぎてレビュー動画作っちゃたので、音色から弾き方、音域などはそこで確認してね。
リード記事の後に埋め込んでおくよ。

このブログ記事ではさらに
チューニング方法や必要な道具
実際に変更した音について解説します!

音色と弾き方について

音色

高音域はきれいに響きます。
私が持っているカリンバの中では一、番美しい音色です。

低音域は柔らかく深い音です。

弾き方

弾き方が特徴的です。

主旋律をピンの先端部分
伴奏をピンの軸の部分でスライドさせて演奏します。

実は私がこれまで17音カリンバでスライドを多く使ってきたのは、このカリンバへの憧れもあったからだったります。

注意点

伴奏を演奏する時に用いるスライドですが
これは必ずピンの軸で行って下さい!

ピンの先端部分で横にスライドさせると、指を怪我する可能性があります!!
先端部分では縦方向、以外に力を入れてはいけません!!!

先端はすごく薄いの危険!気をつけて!!

音域について

ピンの数は16本。
多くの17音カリンバと同じように白鍵盤のみのC調でチューニングされていますが
一番中央のピンであり、一番低い音はA「ラ」の音から始まります。
「ドレミファ〜」と音階を練習する時に、中央から始まらないということですね。

そういう意味では21音カリンバを演奏するときの感覚に近いです。
ですのでセンターCの17音カリンバに慣れていると苦戦します。

また低音の数が多い&16音しかないので
高い音が多い曲などは演奏できない可能性が出てきます。

A調にチューニングし直しました!

購入時の音域はセンターAのC調

この音域は少し使いづらくて、チューニングをし直しました!
今はセンターのAをC(ド)としたA調(Aメジャー、イ長調)に調整してあります。

↑のように調律し
中央のA「ラ」のピンをC「ド」として、左右交互に音階を奏でていきます。

これにより指の動かし方は17音と同じ感覚で行うことができるようになりましたが
実際の音は楽譜とは違う音が出ています。

すごく簡単に説明すると
カラオケで自分が歌いやすい音域にキーを調整するのと同じことを
カリンバに対して行いました。

この方法は17音カリンバの弱点である
「高音域が響きにくい」問題を解決する可能性があるので
また後日、動画や記事にしたいと思っています!

もちろん17音カリンバと全く同じ
センターCのC調にチューニングすることも可能です!

チューニング方法

ペンチで行います。
私はハンドメイドアクセサリー用の小型ペンチを使用。
片方の爪先が円状の片丸タイプです。

ブリッジの上下どちらかにペンチを差し込み、テコの原理でチューニングを行いました。
木製のボディーを傷つけないように注意!

入手法方について

cocoro工房さんは
2020年9月現在メルカリに出店されています。

だいたい土曜日の午前10時30分〜11時くらいまでの間、
最近では日曜日の朝にも出店していることがあるようです。

メルカリの会員登録がまたの人は
紹介コードを利用してみて。
500ポイントもらえます!
SJGDTQ

403 Forbidden

コメント

タイトルとURLをコピーしました