スポンサーリンク

ヘ音記号 大嫌いさんにオススメ! ウクレレの楽譜からハンドオルゴール(カリンバ)の楽譜を作り出す方法 その1

Language 翻訳
ハンドオルゴール:カリンバ

ハンドオルゴール用の楽譜を作ってみて思ったのですが、ウクレレ・ソロの楽譜って汎用性が高い!

特に小型でシンプルな和音が出せる楽器、ハンドオルゴールだけでなく、ハープ、デュエットオカリナ、カンテレなどの楽譜を製作するのにも使えそう。

例えば

・和音や伴奏がト音記号で表記されている
(ウクレレ用のTAB譜も書かれてるけど、そこらへんは無視してOK)
・同時に4音しか使用されてない
(ウクレレは4弦しかないからね)
・曲の種類が豊富
(ポップス、ジャズ、ジブリ、FF、ドラクエの楽譜集もあります)

以上の理由から

「ト音記号はなんとか読めるけど、ヘ音記号は苦手」
「複音が出せる楽器を持ってるけど、楽譜がない!」
「ピアノの楽譜、音符が5本線から飛び出しすぎだろう」

という人にオススメです。

ただ一つだけ注意点があって、ウクレレ・ソロの特に古い楽譜だと

5本線に和音や伴奏が表記されていないものがあります!

楽譜を見てオタマジャクシが、縦にお団子になってなければ、
その楽譜は買ってはいけません!

TAB譜を見れば、何の音が伴奏に使用されているのかわかりますが、それはウクレレを演奏する時に勉強しましょう。

次回
「ウクレレの楽譜から自分の楽器の楽譜を作り出す方法 その2」

  おすすめ記事
・ハンドオルゴール (カリンバ)楽譜の作り方まとめ
・YouTubeチャンネル登録1,000人突破記念!質問に答えます!!
・演奏動画用にマイクを買いました! iPhoneに繋げて使っています
・メロディーハープを購入!練習10分くらいで弾けるなんて素敵やん

気まぐれ屋のコピー




カテゴリー
ハンドオルゴール:カリンバ夢弦工房ハンドオルゴール
masakaをフォローする
スポンサーリンク
ハンドオルゴール弾きの写真ブログ

コメント