スポンサーリンク

フィルムカメラloverの旅支度 フィルム選び編

Language 翻訳
写真

11月に京都へお一人様日帰り旅行へ行くことにしました。
前回記事「フィルムカメラloverの旅支度 カメラ選び編」

旅行へ持っていくカメラが決まったら、次はフィルム。
久しぶりの旅行なので、あんまり失敗したくないな。
現地のシチュエーションは言ってみないと解らないし、いつもの使い慣れてるフィルムと、雨の日に使いやすいフィルムを持っていこう。

ということでコダックのEktar100と
富士フィルムのVelvia
100を購入。

  Ektar 100
Ektar100安くなりましたね。
一時期円安の時に値段が跳ね上がったことがあって、
お店のお姉さんと
「やっぱり高くなっちゃいましたね」
「円高の時に入荷した分は、もう残ってないんですよ」
「これからも上がりますか?2倍くらい?」
「2倍ですめばいいんですけど」
なんて恐ろしい会話をしたくらい。
今でも入荷時期によっては、まだ高いかも。

描写は鮮やかでシャープ。
一眼レフカメラなどで絞りを絞り込むと、
かなり固い写真が撮れます。
ネガフィルムで、ここまで硬質な質感を表現できるフィルムは
そうそうないかな。
000603320004

絞りを開いてソフトに撮ると、
鮮やかさ+ネガフィルム特有の温かみも出てきます。
000600260006
000600260010
個人的には、とりあえずこのフィルムを持っていけば
間違いないくらい!というくらい、使いやすいフィルムですね。

  Velvia 100
Velvia
はとにかく鮮やかなポジフィルムです。
どれくらい鮮やかかと言うと、
陰で撮影しても鮮やかさが消えないくらい。
ネガフィルムで光量が足りないと、
ザラつきが出てしまったりもするのですが、それも少ないですね。
もちろん、あまりに露出設定を間違えていると、
真っ白になったり、真っ黒になったりするので注意が必要!
私は長時間露光が必要な
夜間撮影や室内撮影の時は、ポジフィルムは避けてます。
000473880003
000473880008
000519140001

このフィルムもリーズナブルなので助かります。
ただ、ポジフィルムは現像料がやや割高なので、
節約したいならばネガフィルムですね。

エクター100をメインに使いつつ、日陰ではVelviaかな。
他に何本か変わり種のフィルムを持っていくとして、
計10本くらい持っていこう。
おそらく使って5本、12枚撮りだから計60カット。
あとは、具体的にどこに撮影にいくか決めないとな
↑まだ京都に行くことしか決まってないw

  おすすめ記事
京都旅行の目的地

フィルムカメラの裏蓋が開くと、こうなります![二眼レフカメラ]
2年目の二眼レフ Lubitel166+の傷自慢

 



カテゴリー
写真
masakaをフォローする
スポンサーリンク
ハンドオルゴール弾きの写真ブログ

コメント