スポンサーリンク

「チェキフィルム」撮影のコツと注意点のまとめ

Language 翻訳
チェキ:ポラロイド

白黒のチェキフィルム「instac mini MONO CHROME」を買いました!

と言ってもまだ撮影はしていません。

日が沈むのが早すぎて、撮影するチャンスがちょっと無いんですよね。

初めてのフィルムで、いきなり夜間撮影というのは、難易度が高いので。

撮影しました!
チェキ用モノクロフィルムをトイカメラ「Diana Instant Back+」で使ってみたよ!

今までチェキフィルム「instac mini」で撮影はしていました。

使用カメラはトイカメラのお姫様「Diana+」

チェキフィルムが使用できるようにカメラバックを装着させています。

おかげですっかりゴツくなってしまいましたw
FullSizeRender
FullSizeRenderのコピー

この「Diana+」とインスタントバックのセットは「ウォーキング・デッド」でも登場します!えっへん!!

参考記事↓
http://www.lomography.jp/magazine/258182-the-diana-f-plus-makes-another-cameo-on-the-walking-dead-jp

久しぶりに確認したらカメラ内に数枚、フィルムが残っていたので、勘を取り戻すために撮影。

せっかくなのでタイプラプスで、像が浮かんでくる様子を撮影してみました。

img20161103_22005503

見事に白トビしちゃってますねw

まぁ、チェキフィルムは光量の調整が難しいフィルムなので仕方ないのです。

さて、ここからの記事はチェキやinstax対応カメラでの撮影時のお話になります。

ロモインスタント(Lomo Instant)ユーザーにはお役に立てると思います!

ただしスマホで撮影した写真を「スマホdeチェキ」などでプリントする人には、さほど重要ではないかもしれません。

ですがせっかくなので、フィルムのことも知ってほしい!

2017年春に発売予定の正方形フォーマット「instax SQUARE」も同じ特性を持っているはずなので、参考になれば。
↓発売おめでとうございます!!





  チェキフィルムの特性
まずチェキフィルムはポジフィルムと同じ特性を持っており、描写は基本的に硬質で近代的な雰囲気です。

露光をオートで行うなどして、適正露光が得られれば、ほぼ眼で見たままのカラーが出ます。

適正でなくても、明るく撮影できていれば白っぽいハイキー写真が撮れる可能性があります。

カラフルな被写体をうまく捉えられれば、とてもポップでキュートな雰囲気に。

img20161103_21182452

img20161103_21224802
img20161103_21225502
img20161103_21224283
img20161103_21221182
img20161103_21220658
img20161103_21223281
img20161103_21231862

img20161103_21233933

硬質といってもトイカメラのレンズだとちょっとふんわりとした質感になりますね。

35mmフィルムで例えるとポジフィルムのプロビア100Fが近いかもしれません。
000638050012





 
レトロ写真を撮りたいなら
もしポラロイドフィルムのような、柔らかくレトロな写真が撮影したいなら、「Diana+」のようなカメラのプラスチックレンズを使用するか、バルブモードで長時間露光を行えば、なんとか撮影できます。

私はだいぶ慣れましたが、それでも半分は失敗。

img20161103_21222737
img20161103_21231341
img20161103_21240244
img20161103_21180920
img20161103_21192840
img20161103_21232898

レトロ写真が撮りたいならlomographyさんのカメラがおすすめですね。

富士フィルムさんのチェキカメラはポートレイトがとても得意なカメラで、とても写実的に撮れるように作られているんですよね。

スクエアフォーマットのinstax SQUARE SQ10 INS SQUARE SQ 10 は、デジタルカメラとのハイブリットなので、撮影した後に画像の編集が可能。

その画像を加工してレトロ調にした後に、インスタントフィルムに現像すれば、まず失敗しないです。
もう少しリーズナブルならいいんですけどね!ホワイトボディーが可愛い

せっかくなのでポラロイドフィルム
img20161103_21361649
・ポラロイドカメラで撮影に行ってきました!「ポラロイド オリジナル フィルム」と「インポッシブル フィルム」を撮り比べたよ!!

  チェキフィルムの注意点!
注意点は3つ

<1>
撮影後のフィルムは決して振ったりしないで下さい!

現像液の広がりにムラができて、四隅に花のようなシミが出来てしまいます!!
img20161103_21235147
img20161103_21191982

<2>
ポジフィルムと同じく光の許容範囲がとても狭いです。

適正露出から少しでもズレると、簡単に真っ白になったり、真っ黒になったります。

さらにインスタントフィルムなので、撮影後に調整ができないんですよね。

シャッターを切った瞬間に、すべてが決定しまうので、私の中ではかなり難易度の高いフィルムだったりします。

img20161103_21234448

img20161103_21214916

<3>
逆光は極力避けましょう。

たとえチェキ専用カメラであっても、

明るい部分を基準に露出を決定すると、影になった所は真っ黒に。

逆に暗い部分に合わせると、明るい部分は白くなります。

img20161103_21221698

でも成功した写真は、なかなか良い感じじゃないですか?

小さなフレームのおかげで、小物や花を撮影すると、より可愛いく撮影できるように思います。

カードや名詞のような雰囲気もあるので、コレクション癖をくすぐられてしまって、なんだかんだですぐにフィルムを使いきってしまいます。

モノクロフィルムと発売予定の正方形フィルム、どちらも使うのがとても楽しみですね!

ついに正方形フォーマットチェキ
FUJIFILM ハイブリッドインスタントカメラ instax SQUARE SQ10 INS SQUARE SQ 10
発売しましたね!

イメージ的にはデジタルカメラにチェキ用プリンターが内蔵されてる感じかな。

エフェクトで編集可能だし、インスタントカメラとデジカメのいいとこ取りした感じ!

もっと本体のカラーバリエーションが増えるといいな〜

これでクロスプロセス用インスタントフィルム

なんてものが発売されたら絶対に買うのになw

富士フイルムさん!

もし作るのならば、ぜひプロビア400Xのような色彩でお願いします!!

  おすすめ記事
・チェキ用モノクロフィルムをトイカメラ「Diana Instant Back+」で使ってみたよ!

・ネットショップ「気まぐれ屋」オープンしました! スマホケース販売中&クーポンも発行してます!!
・Kodak Ektachrome復活おめでとうございます!
・フィルムカメラの裏蓋が開くと、こうなります![二眼レフカメラ]
・ポラロイドカメラで撮影に行ってきました!「ポラロイド オリジナル フィルム」と「インポッシブル フィルム」を撮り比べたよ!!

  iPhoneX対応ケース販売中!
気まぐれ屋のコピー




カテゴリー
チェキ:ポラロイド写真
masakaをフォローする
スポンサーリンク
ハンドオルゴール弾きの写真ブログ

コメント