スポンサーリンク

ピントは茎に

Language 翻訳
写真

花や葉を撮影するのも好きですが、

茎を撮影するのも大好きです。

 

花を顔、葉を手と見立てるなら、
茎は身体や骨になるかな。

000473880010.jpg

立体的な花にピントを合わせにくい時は、
茎にピントを合わせるといいですよ。
茎は花の中心に位置していることが多いので、
ここにピントがあっていると、たとえ花がボケてしまっても、
写真が引き締まった印象になります。

 

000545070002.jpg

 

DH000014.JPG

 

000445420001.jpg

 

例えるなら、背筋のしゃんとした女性。
なんとなく着物姿の女性を連想します。

 

そして直線的な被写体を意識すると、

構図や傾きの目安になります。

 

それから茎の形って面白いんですよ!
緩やかにカーブしていたり、二股などに分かれていたり。
さらにツタが絡まっていたりしたら、もう、グッときます。

 

対照的に「枝」はごつごつしていて、突然90度折れ曲がっていたり、

花が咲いている細い枝だけ上向きだったり、

扇状にひろがっていったり、これも見ていて面白い。

 

000610110003.jpg

 

000617290003.jpg

 

花だけでなく、植物全体の個性をしっかりと撮影していきたいな。

 

<オリジナルグッズ販売中>

 




カテゴリー
写真
masakaをフォローする
スポンサーリンク
ハンドオルゴール弾きの写真ブログ

コメント