スポンサーリンク

ハンドオルゴールからの攻撃! 親指の腹が痛いです(手荒れの話)

Language 翻訳
ハンドオルゴール:カリンバ

ハンドオルゴール用の新しい楽譜を作ったので練習中。
久々にミッチリと弾いていたせいか、左手親指の腹が荒れてしまいました!

実はこの場所は冬に同じように荒れたことがあったんですよね。
冬はもともと手荒れの季節だし、ハンドオルゴールのピンも冷えてるし、しょうがないよね、なんて思っていたのですが、まさか夏にも荒れるとは。
私はあまり手荒れをしないのですが、やっぱり酷使してるんだな。

とりあえず寝る前にオロナインを塗って、さらに上から絆創膏で保護。
4日後↓

最初は痛みもあったのですが、今ではそれを感じることもなくなりました。
よかった〜

手荒れした時はこうやって、薬を塗った後に絆創膏で保護するのが、すごくおすすめ。
保護するかしないかで、回復速度がかなり違ってきますよ〜
可能であれば日中も同じようにしていた方がいいです。
特に冬はそうしておかないと、回復よりも乾燥の方が早い。
オロナインは傷に塗ってもOKだし、何気にニキビ(うっかり潰して傷になった時にも)に塗ってもいいので、重宝してます。

 


最近はAmazonとかでも医療品が買えるのね。
何気に重いので、何かのついでに買ってみようっと。

ちなみに手荒れの原因になった曲は、今週中にUPできたらいいな〜
なんとか弾けるようにはなったので、手荒れが落ち着いたら録音します!
とりあえず、今こんな感じ↓

お楽しみに〜

  おすすめ記事
・大人の手足口病 経験談 夏を征する者が冬を征する かもしれない
・ハンドオルゴールと戯れています  [ハンドオルゴール・カリンバ]
・良かれと思って切ってみたら [ハンドオルゴール・カリンバ](爪の話)




コメント

  1. 松永喜一 より:

    はじめまして、松永と申します。
    3週間前にアマゾンでカリンバを購入しました。
    でも音のチューニング方法や弾き方、基本的な事は
    ぜんぜんわかりません?
    そんな中ユーチューブでこちらを知りました。
    少しぐらいカリンバを演奏できるようになりたいのですが、
    カリンバの本がぜんぜんなくて情報がありません!
    どのようにしたらいいのでしょうか?
    いきなりのコメント、すいませんでした。

    • masaka より:

      はじめまして、コメントありがとうございます!
      そしてカリンバ購入おめでとうございますー
      カリンバ仲間ができてとても嬉しいです!

      さて購入されたカリンバですが
      私が持っている物とほとんど同じ形で
      「ピンが17本ある」楽器でしたか?

      もし同じであれば
      このブログのカリンバカテゴリー
      https://masakauduki.net/archives/category/%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%aa%e3%83%ab%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%9a%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%90
      もしくは
      有料noteの導入ではあるのですが
      ↓の記事の無料コーナーの写真を見ていただければ
      https://note.mu/masakauduki/n/nb4f4c27c1c97
      ピンをどの音にチューニングしたらいいのかが分かると思います。

      次にチューニング方法ですが
      付属しているハンマーやペンチで行います。

      <ハンマーの場合>
      音が高い場合→ブリッジから飛び出しているピンの頭部分を
      音が低い場合→指で弾く、下側に曲がっている場所
      を軽く叩いて調整します。

      <ペンチの場合>
      まず頭部分をペンチで挟み
      指で弾く箇所を指でつまみます。
      音が高い場合→ペンチを押し込み、指でピンを引っ張ります。
      音が低い場合→指でピンを上方向に押し込み、ペンチで引っ張ります。
      少し左右に動かしながら行うと動かしやすいです。

      もしピン数が少なかったり
      小型のカリンバであった場合は
      それは基本的にはアドリブ奏法用のカリンバで
      楽譜演奏を行うのに適してはいません。
      アドリブ用にオススメの音階は
      「五音音階」や「琉球音階」と呼ばれるものです。
      具体的な音についてはGoogleで調べて下さい!

      写真などを使った説明は後日ブログ記事にしますね〜

タイトルとURLをコピーしました