スポンサーリンク

1stポジション 2ndポジション吹き比べ [木管アイリッシュフルート]

Language 翻訳
木管フルート

以前の記事「こんがらがる運指」
アイリッシュフルートなどの6穴式の笛には3通りの運指があって、
使い分けに苦労していると書きました。

これを乗り越えるには、練習しかない!
ということで1stポジションと2ndポジションの運指で
「おお、スザンナ」を吹き比べてみました。
※動画のタイトルが間違ってますが、気にしないw

ちなみに私のフルートは「F菅」(ピアノのドの音がファ)です。
楽譜はオカリナの「C菅」を使用。

まずは1stポジション


2ndポジション


私のF菅フルートの場合、2ndポジションの「レ(D)」の音が
ピアノの「ド」の音になります。
ですのでC菅用の楽譜を2ndポジションで吹くと
D菅のアイリッシュフルートやホイッスルに近い雰囲気になりますね。
今回吹いた「おお、スザンナ」はアメリカのゴールドラッシュに流行った歌で、
チェコの民族舞曲(ポルカ)の影響を受けているそうなので、
2ndポジションで陽気にダンス曲っぽく、リズミカルに演奏した方がいいかな。
今度演奏するときは、もっとテンポを上げて装飾音もバンバン入れてみよう。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
木管フルート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
masakaをフォローする
スポンサーリンク
ハンドオルゴール弾きの写真ブログ

コメント