スポンサーリンク

petzvalレンズの前ボケ表現に夢中

Language 翻訳
写真

私の愛機にpetzvalレンズがあります。
このレンズの特徴として、渦状の玉ボケがあります。

000331880002
000325950015
000413360012
この玉ボケを発生させる方法は過去記事を参照。
petzvalレンズらしい写真とコツ

もちろん、この玉ボケに一目惚れしてこのレンズを購入したのですが、
最近では別の魅力に取り憑かれています。

それは前ボケ。
被写体の背後ではなく、その手前をぼかす技。
遠近感が出るだけでなく、手前の被写体が透けて、
フィルターのような効果も得ることができます。

000636580010

pezvalレンズの最大解放値はF2.2。
私がよく使う絞りサイズはF2,8で、二番目に開いたサイズ。
この絞りの直径が開いているほど、明るくボケ感が強い写真を撮影することができます。

ちなみに一般的な絞りの値がF8あたりかな。
見比べると、サイズの違いがすごいです。
FullSizeRender

そんな絞りを使うのですから、前ボケをしようものなら、ボケまくります!
もうボケるなんてレベルではなく、溶けて滲んで、流れていってしまいそうなレベル。

000344540021
000331890005
FH000001

ここまでボケてしまったら、もう写真ではないのかもしれません。
でも、それでもいいんです。
私は写真よりも、絵を見ている方が好きなタイプ。
「好きな風景は?」と聞かれればジブリの背景画をイメージするし、
「好きな色彩」ならば水彩画家の「いわさきちひろ」さんの作品が浮かんできます。

私にとってレンズは「筆」
フィルムは「絵の具」
ちょっと重いのが難点ですが、これからもこのレンズを持って、いろんな風景を写し取っていきたいです。

 




カテゴリー
写真写真テクニック
masakaをフォローする
スポンサーリンク
ハンドオルゴール弾きの写真ブログ

コメント